女優 歌手

柴咲コウの種苗法改正案とは?誹謗中傷に法的措置&嫌いという声も?

投稿日:2020年5月28日 更新日:

スポンサーリンク

女優・歌手・実業家として活躍中の「柴咲 コウ(しばさき こう)」さん!

現在放送中の「エール」でNHK朝の連続ドラマ小説に初出演ということで、話題になっていますが…

種苗法改正案」を指摘するツイートをしたことでも話題となっています!

一体「種苗法改正案」とはどんなことなのでしょうか?

誹謗中傷が多いようで「法的措置」も考えているんだとか…大丈夫!?心配です。

16歳でデビューし、現在38歳ですが、年齢を感じさせないキュートなルックスと演技力の高さに定評がありますが、一方で「嫌い」という声も聞こえてきます。

柴咲コウさんの現在の様子が気になります。

…ということで、ここでは柴咲コウさんについて、詳しく調べていきたいと思います

 

 

 

・プロフィール

 

 

名前 柴咲 コウ(しばさき こう)

生年月日 1881年8月5日

現年齢 38歳

出身地 東京都豊島区

身長 160cm

血液型 B型

事務所 レトロワグラース

 

Wiki風プロフィールはこちらから

 

 

・種苗法改正案とは…?

 

柴咲コウさんがツイッターで呟いたことから、たちまち注目を集めたのが「種苗法(しゅびょうほう)改正案」。

一体どういう法案なのか、なぜ問題となっているのか見ていきたいと思います。

 

 

柴咲コウさんが動き出したのは2020年4月30日。

コロナウイルスによる緊急事態宣言が延長された、その日のことでした。

皆さん、種子法」「種苗法をご存知ですか?

新型コロナの水面下で、種苗法改正が行われようとしています。

自家採取禁止。このままでは日本の農家さんが窮地に立たされてしまいます。

これは、他人事ではありません。自分たちの食卓に直結することです。

…と自身のツイッターで発信しました。

 

 

2016年にエンタメ・コマース事業を行う「レトロワグラース株式会社」。

2018年にはファッションブランド「ミ ヴァコンス(MES VACANCES)」を起業。

2018年7月には環境省の「環境特別広報大使」に任命されています。

オーガニックコットンや化学調味料を使わないレトルト食品ブランドなど、衣食住にこだわった健康志向ということで有名な柴咲コウさん

きっと仕事でお付き合いのある農家の方から、大変な状況であることを相談されて発信したのではないでしょうか!?

 

 

政府が2020年3月3日に種苗法改正案を閣議決定。2021年4月からの施行を目指していると言われていました。

なぜ改正案が提出されたかというと、農作物が海外へ流出しているから!

優良な新種を開発しても、どんどんコピーされて海外へ広まって行ってしまう…

結果、日本の輸出に影響するので見直そうということです。

 

 

ちゃんとした権利を発生させることによって、開発者にはライセンス料が入るメリットがあります。

しかし「自家増殖」までもが禁止されると、農家の方々は実から種を取ることが出来ず、種を買うコストが増えてしまいます。

そこで、法改正に反対し「種苗法を厳しくする改正案は、日本の農家を苦しめる」と問題提起したんですね。

 

 

 

・誹謗中傷に法的措置…?

 

日本の輸出入や、農作物の発展を守るために…と発表された種苗法改正ですが、反対の声はかなり多かったようです。

…というのも、農水省が定めている「自家増殖禁止の品目」は、2016年に82種だったものが、2019年には387種にまで増えているというのです。

この急な拡大は、海外に遅れを取らないための措置で、国際的な条約に合わせた改正。

農家や消費者、研究者から「日本の農業を破綻させる気か?」「補償金などの対策を提示して欲しい」と言った意見が存在しています。

スポンサーリンク

 

 

しかし、法改正に賛成派である苺の「あまおう」や「とちおとめ」、皮まで食べられる美味しいぶどう「シャインマスカット」の生産に携わる農家の方々が憤慨していると言います。

海外に流出したことによる遺失利益は「5年間で200億円を超える」と予測されているとそうなんです。

急いで何とかしないといけない問題であることがわかりますね!

 

 

法改正審議の結果…柴咲コウさんがツイートしたからだけではないと思いますが、今国会での種苗法改正案は「見送り」となりました。

そこで、実業家であるとはいえ、女優や歌手として活躍中の柴咲コウさんが「反対」といえば、世間の風向きも変わってしまうのでは!?…と批判的な意見が集中してしまいました。

 

 

柴咲コウさんはツイッターの当該記事を削除。

その後「意見をいう権利は平等」「知らない人が多すぎることを危惧した」「事実とは異なる投稿や提造、誹謗中傷・脅迫行為・ミスリードなどには法的措置を取る」とバリアを貼りました。

SNSでのバッシングによって命を落とす方もいる中、これまでにも色々と嫌な経験をされてきたんだろうなと思います。

 

 

柴咲コウさんは、おそらく日本の農業を衰退させたくて法改正に反対している訳ではなく、関係する方々の負担を減らしてあげたい一心なのではないでしょうか。

このような法律があることすら知らない人はたくさんいたと思うので、注目を集めただけでも、ものすごい効果をもたらしたと言えそうです。

 

 

 

・嫌いという声…?

 

柴咲コウさんのことを「嫌い!」という声があるんだとか。

クール&ビューティーな雰囲気で、男女問わず人気なのかと思っていたので意外です(汗)

 

 

嫌い」の理由を調べてみたところ…

顔がキツい」というものや「(大河ドラマの)直虎が面白くなかった」など様々。

それはあまりにも可哀想過ぎます(泣)

 

 

柴咲コウさんは北海道礼文島(れぶんとう)生まれ。

厳しい暮らしに耐えかねて、両親と上京したそうです。

(柴咲コウさんは、一人っ子♪)

中学時代に池袋でスカウトを受けたことが芸能界入りのきっかけなのですが…

当初はモデルの仕事で6〜7万円

お給料の使い道は母親の治療や入院費だったと言います!

すごく親孝行な娘さんですよね

 

 

治療の甲斐も虚しく、柴咲コウさんが19歳の時、母親を乳がんで亡くしています。

思い返すと「食事」が大切だったんじゃないかと、現在の会社を起業したそうです!

見た目が大人っぽく、すごくしっかりして見えますが、大変な苦労を重ねてきた女性なんだなと感じました。

 

 

エール」では「オペラ歌手」の「双浦 環」を演じていますが、ものすごく歌がうまくて&綺麗なんですよね

さすがにオーラが違う」「見惚れてしまう」という声もたくさん聞こえてきます。

実業家としてのお仕事も忙しそうですが、今年5月に公開されるはずだった「燃えよ剣」に出演されていたり…

今だから、新作ドラマ作ってみました 第3夜/転・コウ・生」で主演をされていたりと、芸能活動が盛ん

柴咲コウさんの、これからの活躍も応援していきたいと思います

 

 

嫌いと言われている芸能人は…?

石田ニコルさんは性格悪そうで嫌い…?

田中道子さんはあざとくて嫌い…?

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

 

 

関連コンテンツ



-女優, 歌手

Copyright© 芸能イレブン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.